エーフィ育成論

エーフィ育成論

エーフィは特攻と素早さが高いため
エース仕様でそこそこの活躍が
期待できます。
しかし、どうしても
エスパー以外の優秀なタイプを持つ
ラティオス・スターミー
単エスパーでもより攻撃範囲が広い
アグノム・フーディン
に劣ります。
というわけで補助技を使った
サポートに走りたいところですが、
タイプ耐性もなければ
耐久数値もないためなかなか繰り出せず
補助技を使うということは
エーフィを繰り出した
貴重なターンを無駄にすることを意味します。
リフレクター、ねがいごと、
みがわり+バトンタッチなどのサポートは
元から降臨機会に恵まれる
ポケモンでやった方がよいです。
あまえる+めいそうによる居座りも
ラティアスでやった方がよいですね。
第一エーフィの耐久では
あまえるを使っても厳しいですし
(クリアボディのメタグロスも呼びますし)
めいそうをしたところで攻撃範囲が狭いので
無理な相手は無理。

エースにしてもサポートにしても
誰かしらの劣化となってしまいます。
使う理由は、愛です。

エーフィ育成論

Posted by ころ at 2009年03月26日 00:08

| Comment(1) | バトル |
この記事へのコメント
治りました;
Posted by なめぞう at 2009年04月03日 13:25
コメントを書く
 お名前:

 コメント: