ポケモン剣盾で効果が変更された特性

ポケモン剣盾で効果が変更された特性

ポケモンソード・シールドではいくつかの特性の効果が変更されました。
主な変更は「いかく」無効が追加されたパターンと、フィールド上での効果が追加されたパターンがあります。

●「いかく」無効が追加された特性
・きもったま
・せいしんりょく
・どんかん
・びびり
・マイペース

●フィールド上での効果が追加された特性
・きょううん…道具持ちポケモンとの遭遇率上昇
・シンクロ…同じ性格のポケモンと必ず遭遇
・ひらいしん…でんきタイプのポケモンとの遭遇率上昇
・もらいび…ほのおタイプのポケモンとの遭遇率上昇
・よびみず…みずタイプのポケモンとの遭遇率上昇

その他に「ばけのかわ」と「ムラっけ」も変更されました。
「ばけのかわ」は攻撃のダメージを1回だけ完全に防ぎましたが、剣盾では最大HPの1/8のダメージを受けるようになりました。
「ムラっけ」はランダムで上がったり下がったりする能力に回避率と命中率が除外されました。


「きもったま」「せいしんりょく」辺りは物理アタッカーが持っていることも多いので「いかく」無効の追加は影響が多そうですね。
ミミッキュも実質弱体化となってしまいました。
使用率高めのポケモンなので対戦環境に影響が出そうです。



関連

ポケモンソード・シールド(剣盾)攻略館

Posted by ころ at 2019年12月02日 23:22

| Comment(4) | ポケモンソード・シールド (剣盾) |
この記事へのコメント
威嚇が弱体化していましたか…
威嚇が売りのギャラドスはいまだに多いですけどねぇ
ラインナップをみると、マイペースとか鈍感とか精神力とか、威嚇されてもビビらなさそうな特性ですよね

しかしムゲンダイナって本当に「第3の伝説ポケモン」といっていいのやら…

ではー。
Posted by n.a.n.i.w.a. at 2019年12月03日 23:01
>>n.a.n.i.w.a.さん
びびりは威嚇無効ではなく威嚇で素早さ+1でした><
確かに元から威嚇が効かなそうな特性ばかりですね。

ムゲンダイナは伝説の中で語られていたポケモンということで伝説ポケモン扱いなんですかね。
でも第3というと少し違うような気も…。
やはり剣盾ときたら第3は鎧とか兜になりそうです(笑)
Posted by ころ at 2019年12月04日 17:11
「オーロンゲ」は、2020年の年賀状のイラストに描いてみたいです。
「オーロンゲ」が「ボクシング」で修行を励んでいるイラストにしようかなと考えています。
「オーロンゲ」は、西洋版「百ポケ夜行」に持って来いのポケモンですね。
「エーデルワイス」がモデルの新ポケモンは、次回作の第九世代のポケモンになりそうですね。
「エーデルワイス」の別名は、「セイヨウウスユキソウ」なので、「オーロンゲ」と共に西洋版「百ポケ夜行」に入れておきたいところですね。
西洋版「百ポケ夜行」の「オーロンゲ」のスタイルは、「ボクシング」の格闘スタイルにして欲しいなあと思っています。
Posted by ファイターダーテング at 2019年12月04日 19:04
>>ファイターダーテングさん
来年はねずみ年でしたね。
でも新ポケがたくさん出たばかりなのであまりこだわる必要はなさそうです。
オーロンゲはアームハンマーやDDラリアットなどを覚える肉体派みたいですね。
ポケモン第9世代はまだ先になりそうですが剣盾で登場しなかったポケモンも第8世代中の別の作品で活躍するそうですね。
まだ新進化や新フォルムがあるかもしれませんよ!
Posted by ころ at 2019年12月05日 18:02
コメントを書く
 お名前:

 コメント: