ポケモン剣盾の新情報判明! オートセーブ、性格変更、ジムが18個登場等

ポケモン剣盾の新情報判明! オートセーブ、性格変更、ジムが18個登場等

海外のゲーム情報サイト「Game Informer」によるゲームフリークへのインタビュー記事で、ポケモンソード・シールドの新情報がいくつか判明しました。

November Cover Revealed – Pokémon Sword And Shield(Game Informer)

記事はいくつかに分割されていますが、主な内容をまとめると以下のようになります。


・マックスレイドバトルはランクがあり、ランクが高いほど難易度が高くなります。ランクは★の数により表されます。★5のレイドバトルになると制作したゲーフリの人でもクリアが難しいようです。

・ガラル図鑑に登場しないポケモンは今後の作品で登場予定。(既報)

・第7世代同様にひでんマシンは廃止されます。

・バトルで獲得した経験値は学習装置なしで自動的に手持ちポケモン全てに等しく分配されます。(分配機能のオン/オフが可能かどうかは不明)

・オートセーブ機能が実装されます。(オートセーブ機能は自由にオン/オフできる)

・対戦用のポケモン厳選に時間をかける必要がなくなるそうです。例えば、個体値は完璧なのに性格が目的のものではないとき、後からポケモンの性格を変更できるようになります。

・ガラル地方には全部で18個のポケモンジムが登場します。各ジムはメジャーリーグとマイナーリーグのどちらかに所属し、ソード版とシールド版で各ジムの所属が変わります。マイナーリーグの方は他バージョンで挑戦できるジムになると思われます。


ポケモンの性格が変えられるようになればポケモン厳選がさらに簡単になりますね。
対戦人口の増加も期待できるかもしれませんグッド(上向き矢印)
ゲームフリーク的には厳選で同じポケモンを大量にゲットしたり孵化させるのをやめて、運命的に出会ったお気に入りのポケモンを活躍させたいという思惑がありそうです。


※追記
ポケモンの元々の性格を矯正するのは少し抵抗があるという意見も多いみたいですね。
おそらくですが能力値として現れる部分だけ調整できるようになるのではないかと思います。
性格そのものは変わらずに、上げる能力と下げる能力の組み合わせを自由に決められるとか…?
第7世代で登場した「すごいとっくん」も能力値だけ見るとあたかも個体値Vになったかのように鍛えることができますが、実際は個体値Vになるわけではないのでタマゴ遺伝させると元の個体値が子に受け継がれますね。
でも本当に性格そのものを変えられるようになる可能性も捨てきれませんねあせあせ(飛び散る汗)

関連

ポケモンソード・シールド攻略館

Posted by ころ at 2019年10月02日 07:20

| Comment(0) | ポケモンソード・シールド (剣盾) |
この記事へのコメント
コメントを書く
 お名前:

 コメント: