ポケマスの「クリティカット」の効果が仕様変更

ポケマスの「クリティカット」の効果が仕様変更

スマホゲームアプリ「ポケモンマスターズ」で登場するわざ「クリティカット」「クリティカットG」の効果が仕様変更されます。



これまで「クリティカット」「クリティカットG」ともにゲーム内の説明文では「自分の急所率をぐーんと上げる」と表記されていました。
ポケモンの世界で「ぐーんと上げる」は2段階上げることを意味しますが、実際は1段階しか上がらない状態でした。
この表記と効果の不一致が修正されます。

●バディーズサーチで入手したバディーズ(ユウキ・フヨウ・カリン・ナタネ・シバ・マキシ・アンズ)のクリティカット
…表記通り2段階上昇に修正

●メインストーリーで入手のバディーズ(コルニ・ヤナギ・オーバ)のクリティカット
…これまでの効果通り1段階上昇(表記の方を修正)


どうして入手方法によって差を付けるのか…
と思いましたが、バディーズサーチ(ガチャ)の方は2段階上昇を目当てに課金した方もいるので実効果が優先されたのかもしれませんね。
(ポケマスはある意味、急所当てゲーなので…)

ポケモン本編シリーズでは第5世代以降クリティカットの効果は「大きく上がる」となっています(第4世代まではクリティカッターという名前でした)。
各所で1段階説と2段階説が未だに混在しているので実際にプレイして調べてみました。
第6・7世代では使ってみると「張り切っている」と出て上昇度合は不明ですが、急所が出る確率は体感で2回に1回なのでおそらく2段階上がっていると思います(第6世代以降は通常時で1/12、1段階上昇で1/6、2段階上昇で1/2、3段階上昇で急所確定となっています)。
第5世代以前は…ハードもソフトも押し入れの奥底なので調べてません><
ちなみに他の能力上昇系の戦闘用アイテムは第7世代から2段階上昇に変更されています。

クリティカットだけ変更時期が違っていたり、急所率だけ3段階までしかないことがポケマスのクリティカット問題の原因になっていそうですね。
今回の仕様変更のお詫びとして、後日ダイヤが配布されるそうです。



関連

ポケモンソード・シールド攻略館

Posted by ころ at 2019年09月08日 06:47

| Comment(0) | ポケモンマスターズ (ポケマス) |
この記事へのコメント
コメントを書く
 お名前:

 コメント: