ポケモンUSUM モーンとルザミーネのサブイベント会話

ポケモンUSUM モーンとルザミーネのサブイベント会話

ポケモンウルトラサン・ウルトラムーンでは、サブイベントでモーンとルザミーネの会話を見ることができます。
モーンはウルトラスペースに数年前飲み込まれてしまった科学者で、ルザミーネの夫兼リーリエとグラジオの父親です。

ポケモンUSUM モーンとルザミーネのサブイベント会話
殿堂入り後、チャンピオン防衛戦でグラジオを倒したらエーテルパラダイスへ。
1階の奥の左の方にモーンがいるので近づくと、ルザミーネとモーンの会話が見られます。
モーンは完全に記憶を失っているのでルザミーネやエーテルパラダイスのことは覚えていません。
実際にエーテルパラダイスに来ても思い出さなかったようです。
ルザミーネはモーンに事実を伝えることもできたのですが、ポケリゾート開発をしている現在のモーンの笑顔が輝いていたので、モーンに過去の話をすることはありませんでした。


関連
ウルトラサン・ウルトラムーンでクワガノン、ジバコイル、ケケンカニ進化改善
ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン トレーナーズスクールの七不思議
ポケモンUSUM エピソードRR
(2017/11/24)

Posted by ころ at 2017年12月04日 23:59

| Comment(2) | ポケモンウルトラサン・ムーン |
この記事へのコメント
モーンは記憶喪失だったんですね…
SMでのルザミーネの豹変はモーンの失踪と関係があるのではないかとグラジオに言われていますが…

そうそう、ホテリ山で進化できるというとダイノーズもそうだったような。特殊な磁場で進化するというね。
なのでコイル系統とノズパス系統は同じ地方図鑑にいることが多いような。
コイルはどの作品でも見かけますよね〜。

ネクロズマ、本当にドラゴンだったとは…
昨日、公式動画でネクロズマのウルトラバースト後の姿が公開され、あわせて専用Zワザ「天焦がす滅亡の光」も公開されました。
前々から、ネクロズマのパーツがドラゴンを思わせるものになっていたことから真の姿は巨大なドラゴンではないかといわれていたような。
しかも、元々は光の神だったという。

今作内部で捕獲できるポケモンはアローラ図鑑400種類+島スキャン82種類+USゼロで39種類+地方外伝説37種類で558種類。全種の約7割にあたりますね。

最新のレート環境も注目していこうと思います。
Posted by n.a.n.i.w.a. at 2017年11月25日 08:07
>>n.a.n.i.w.a.さん
USUMではルザミーネ、ウルトラスペースが憎いと言っていましたね。
ルザミーネ、モーン失踪前は本当にいい人だったのでしょうかね〜。

特殊な磁場進化、ダイノーズもでしたね!!
クワガノンが新登場したことでダイノーズが記憶から吹き飛んでしまいました・・・汗
なるほど、コイルとノズパスが同地方に生息しているのも本当にありそうですね。
私はよくレアコイルが手持ちにいるので、次回作でもコイルがいたら嬉しいです!

ウルトラネクロズマのZワザ、かっこいいと思います!
ゲンシネクロズマ(仮)は本当に光の神様だったのですね〜。
創造神のアルセウスより強そう・・・笑

なるほど、ポケモンUSUMでは全体の7割もポケモンがゲットできるのですね!
となるとやっぱり対戦をするなら必携ですね〜。
Posted by ころ at 2017年11月26日 03:29
コメントを書く
 お名前:

 コメント: