コロコロコミック4月号でリザードン配布

コロコロコミック4月号でリザードン配布

コロコロで人気1位を獲得したポケモン、リザードンがポケモンサン・ムーンに配信されます。
配布は来月3月から始まるようです。

コロコロコミック4月号でリザードン配布
●配信方法
3月15日ごろ発売の月刊コロコロコミック4月号に付録でついてくるシリアルコードを入力して受け取ります。

●対象ソフト
ポケットモンスターサン・ムーン

●リザードンのデータ
配布されるリザードンの詳しいデータは今のところ分かりません。
リザードンはメガストーン「リザードナイトX」でメガリザードンXに、「リザードナイトY」でメガリザードンYにメガシンカできるポケモンですが、メガストーンはおそらく配信では入手できないようです。

関連
ポケモンGOでピクシー・ラッキーなど出現率上昇
サオリのカイリキー配布
QRレンタルチーム解禁
メガリザードンY育成論
メガリザードンX育成論
(2017/2/11)

Posted by ころ at 2017年02月11日 19:39

| Comment(2) | ポケモンサン・ムーン |
この記事へのコメント
リザードナイトはバトルツリーでスーパーシングルのレッドに勝つと手に入ります。
リザードンは現環境でも採用率が高いポケモンで、それぞれに強みがあります。

PGLの今日時点でのデータを見ると、シングルでカプ・レヒレが増えているような印象を受けました。
そこでレヒレを調べると、受け性能を高めるために挑発を採用していることが多く、あとは耐久も確実に相手できるよう自然の怒りも採用しています。水技は型で割れていて、自然の怒り+塩水というものもあれば普通に波乗りorドロポンというのもありました。持ち物はオボンや食べ残しといった耐久系か、Zクリスタルが多かった印象。ZはミズZとカプZが多かった一方、冷凍ビームでの役割対象を増やすためにコオリZを採用するものもあるようです。
25位に入っていたカイリューも7世代ではZワザを使う型が増えました。多かったのはドラゴンZ(逆鱗)とヒコウZ(空を飛ぶ)で、空を飛ぶはターンを消費してしまうデメリットがありますが、Zワザにすることでさっさと放てます。カイリューはマルチスケイルがあるので確実に竜の舞を積みやすく、そこからZ技をぶっ放すと威力が結構出るんでしょうね。
ウルガモスも、Zの採用が多かったポケモンで、こちらも蝶の舞で積んでおいてZ技という流れです。
ボルトロスは悪戯心の弱体化があったので霊獣の採用が多いです。こちらもデンキZが1/4以上でした。

ダブルではキュウコン(雪降らし+オーロラベール、吹雪)やカミツルギがランクインしていました。天候要員が多くランクインし、キュウコンの他にはメガリザードンY、コータス(晴れ)、バンギラス(砂嵐)、ペリッパー(雨)がランクインしていました。ダブルの注目ポケモンの傾向としては、
・ウインディ…威嚇持ち。バークアウトや鬼火の採用が多め。朝の日差しやオボンなど耐久よりの構成もあった。
・ベトベトン…はたき落とす要員。特性は食いしん坊が多かったが、毒手や化学の力も採用されている。食いしん坊+フィラや、黒いヘドロなど。
・カミツルギ…必中のスマートホーンや防御上昇無視の聖なる剣を持つ。特殊耐久が低いので襷やチョッキで耐久力を補填するケースが多めだが、スカーフや命の珠、Zも採用。
・コータス…噴火持ちのため、木炭、火の玉プレート、ホノオZといった火力上昇系アイテムの所持が多い。
・ヤレユータン…トリル要員としての採用がほとんどだった。采配、挑発などサポートをメインとしつつも、イカサマの採用も。変化技対策でメンタルハーブを持つことが多い。
・トリトドン…基本的には呼び水で水を受ける。自己再生や毒まもなど耐久よりになっていることが多い。

調べられるようになったことで、どういう構築を警戒すべきか予測が立てやすくなったのかなぁと感じます。
Posted by n.a.n.i.w.a. at 2017年02月11日 21:22
>>n.a.n.i.w.a.さん
カプ・レヒレの型、興味深いですね!
タイプが優秀なポケモンなので、今後の活躍に期待できそうですね。
カイリューは暴風よりも空を飛ぶの方がずっと使用率が高いのですね〜。
というか現時点では飛行技なら空を飛ぶ一択な感じになっていますね!ヒコウZも人気ですが奇襲できるのかな?

ダブルで今一番流行っている天候は晴れみたいですね。
炎ポケモン相手だとアローラキュウコンが辛いかもですね〜。草には強いですが・・・
ダブルバトルでは耐久安定のポケモンが目立ちますが、カミツルギもいるのですね!

PGLのおかげでメジャーパーティのキラパが色々作れそうですね!笑
Posted by ころ at 2017年02月13日 03:12