レーティングバトル改造対策

レーティングバトル改造対策

このところ、PGLレーティングバトルでの改造ポケモンが問題となっていました。
中には改造ポケモン使用者に対戦で出会っただけでセーブデータが壊れた人もいるようです。
ゲームフリーク曰く、改造ソフトと対戦しただけでセーブデータが壊れるのは考えにくいとのことですが、偶然のタイミングということでしょうか?
それとも、対戦した相手のソフトのセーブデータを壊すほどの改造システムや、あるいはウイルス等を持っているプレイヤーが本当にいるのでしょうか?

PGLの改造への対応
PGL公式声明によると、8月4日あたりに不正なポケモンのデータや、改造データで対戦しているトレーナーはランキングの対象外となりました。
またPGL公式オンライン大会にも参加できなくなることがあるようです。
今後も改造ポケモンを使用したトレーナーは定期的にランキングから除外されます。
それでも改造ポケモンを使用し続けるトレーナーには、更なる制限措置が予告なく実行されるそうです。

特に小さい子などでありそうですが、交換でもらった改造ポケモンを知らずに使っていてもランキングから除外されてしまうのでしょうか。
ローカル通信交換による改造ポケモンの交換まで完全に管理することは難しいですが、GTSやミラクル交換、インターネット通信を経由した交換で改造を弾いてくれれば、知らずに改造ポケモンを使う人も減るかもしれません。

参照
Pokémon Global Link

関連
戦う!ピカチュウ大会チュウ!がむしゃらピカチュウ配布
ポケとる ポケモンサファリ第3弾
2016年ポケモン映画
ポケモンORAS攻略
ポケとる攻略
(2015/8/8)

Posted by ころ at 2015年08月06日 14:11

| Comment(0) | バトル |
この記事へのコメント